ED治療薬 購入方法

ED治療薬の購入方法は2種類あります。

ED治療薬を購入する方法としては2種類存在します。

 

1つめは最も正式で適正な方法となりますが、病院にてEDの治療を行ってもらうことです。

 

そうすることによって、処方箋を書いてもらえるので病院内の薬局や街の調剤薬局店にて購入することが出来ます。

 

しかし、この方法では病院への通院し医師に対して自分がEDであると打ち明ける必要があります。

 

例え相手が医師だとしてもEDであることを告白することは精神的にきつい上に、ED治療薬も正規品を購入することになるので、非常に高価となるデメリットがあります。

 

そして、もう1つの方法はインターネット等を利用して海外から個人レベルでED治療薬を購入する方法です。

 

この方法を利用すると処方箋が不要となることから病院へ行く必要も無く、薬も格安で購入することが出来るメリットがあります。

 

しかし、ED治療薬の個人輸入にはデメリットも存在します。

 

まず第一に「飲み合せ」の問題です。

 

ED治療薬は本来ならば医師の診断が必要な治療薬なのですが、医師の診断を受けずに入手が可能なので、持病があり他の薬を服用している場合、その薬とED治療薬に飲み合せの問題が生じる可能性があります。

 

第二の問題は海外から取り寄せたED治療薬に添付された説明書は現地の外国人を対象としていて、日本人を対象としたものでは無い可能性があることです。

 

そのため、日本人に対しては過剰摂取となってしまう危険性が存在します。

 

そして第三の問題は確実に正規の商品が届くか分からないという点です。

 

悪質な業者の場合だと正規品とそっくりな粗悪品が届く可能性があり、知らずに服用して健康被害が生じてしまう危険性もあります。

 

このようなリスクを少しでも減らすには、まずは最初に医師の診断を受けて正規品の薬を購入して、自分に効果があり副作用の問題が無い事を確認してから同じ薬を個人輸入するという方法があります。

 

その際には口コミ等で評判の良い業者を選ぶとリスクも大幅に減らすことが出来ます。